KabigonBlog

雑記blog 経験したことや、気になることを中心に書いていきます。

きついけど確実に稼げる副業アルバイト 辛いダブルワークを乗り切るコツ

今の収入にプラス5万あれば・・・とサラリーマンや自営業など本業の傍、副業をお考えの方も多いのではないでしょうか。

世間での副業解禁の流れに伴い、ネットビジネスや投資など、色んな収入の得方が取りざたされています。

しかし、これらで収入を得るためには専門知識が必要だったり、ある程度の資金や期間を要したりと誰にでもできることではありません。

皆さんは、数ある副業の中で誰でも確実に稼げる副業って何だと思います??

それはずばりアルバイトです。

f:id:PapaKabigon:20190614000624j:image

雇ってもらえさえすれば、誰でも自身の時間を切り売りすることで労働所得として、確実に収入を得ることができます。

しかし確実に収入を得られる反面、会社員や自営業など本業の合間に働くことになるので、疲れから本業に支障が出たり体を崩してしまったりとリスクが伴います。

そこで今回は副業でアルバイトをお考えの方へ、辛い副業バイト生活を無事に乗り切るコツを会社員とアルバイトのダブルワーク歴3年目になる私の経験をもとに、ご紹介します。

副業アルバイトでは目標を明確に

f:id:PapaKabigon:20190614001107j:image

副業でアルバイトを始める際には、稼ぎたい金額などの目標を明確に設定しましょう。

副業でアルバイトを始めたときにやってしまいがちなのが働きすぎてしまう、いわゆるオーバーワークです。

お金はあるに越したことは無い。

確かにその通りですが、副業でアルバイトをするということは、本業の労働時間以外のプライベートタイムを犠牲にするということです。

目標金額などを設定せずにお金を稼ぐことだけに追われてしまうと、バイトのシフトを組みすぎてしまうなどして、最低限必要な休息の時間を確保できずに、過労などのトラブルにつながってしまいます。

私が副業でアルバイトを始めた当初、とにかくお金が必要!という思いに駆られ、週30時間以上も副業で働いたことがあります。

無計画に寝る間を惜しんで働いた結果、居眠り運転・・・

自損事故程度で大事には至らなかったものの、危うく取り返しのつかない事態に陥るところでした。

最悪の事態を招かないように、副業バイトをするにあたっての目標を明確に設定し、体に無理がかからない計画的な働き方をする必要があります。

 

稼ぎたい金額から逆算して働く時間を決める

稼ぎたい金額をあらかじめ設定しておいて、その目標金額をもとにアルバイトのシフトを組んでいきましょう。

そうすることで、オーバーワークなどのリスクを回避することができます。

稼ぎたい金額をもとに副業の勤め先の時給などに応じて、月単位もしくは週単位で労働時間を設定し、その時間を大幅に超えないようにしましょう。

シフトを組む際には、本業がある日は短めに2~4時間程度、本業が休みの日は少し長めに4~6時間程度を目安に組むと、私生活とのバランスがとりやすいです。

仕事のきつさや自身の体力に合わせて、無理のない範囲で目標を設定しましょう。

 

副業アルバイトは仕事選びが大切

f:id:PapaKabigon:20190614154622j:image

副業アルバイトにおいて、仕事選びはとても重要です。

 

副業バイトの求人には完璧を求めない

最近では副業解禁や人手不足に伴い、ダブルワーク可の求人を多く見かけるようになりました。

しかし、様々な求人が転がってはいるものの、本業で一定時間拘束された上での副業となると、全て自分の希望通りという求人にはなかなか出会えません。

待っていれば自分の希望に合う求人が出てくる可能性もありますが、いつまでも副業バイトが始められないなんてこともありますので、自身の許容範囲内で妥協することも大切です。

職種や時給、就業時間や勤務地など、自身が妥協できる点を見つけたら、その妥協点と収入や私生活のバランスが取れた求人を選びましょう。

 

やりたくない仕事は避けよう

いくら時給や待遇がよくても、副業でアルバイトをするならやりたくない仕事は避けたほうが賢明です。
嫌なことや苦手なことに取り組むのは肉体的にも精神的にも負荷が高く、継続する確率も低いです。
ただでさえ辛い副業アルバイトでそれをやるとなると、作業効率が悪く疲れがたまりやすかったり、働いている時間が長く感じ、働くこと自体が嫌になってしまったりと、生活や仕事に支障をきたすリスクが高まります。
副業でアルバイトをするならやりたくない仕事は避けて、 好きなことや得意分野を活かせる仕事を選びましょう。
そうすることで、意欲や作業効率も高い状態で仕事に取り組むことができ、同じ労働時間でもやりたくない仕事に比べて疲労やストレスを軽減することができます。