KabigonBlog

雑記blog 経験したことや、気になることを中心に書いていきます。

T字カミソリでヒゲを剃ると痛い?間違った剃り方が原因かも【男の身だしなみ】

ヒゲ剃り。仕事やプライベートに関わらず、男の大事な身だしなみの1つですよね。

世の中には色んなシェービング用品が出回ってますが、中でもT字カミソリはお手軽に深ぞりができ、電動シェーバーでは味わえない、ヒゲ剃り後の爽快感があります。

f:id:PapaKabigon:20190521003245j:image

そんなT字カミソリでヒゲを剃った際、ヒリヒリ痛んだり痒くなったりした経験はありませんか?

実はその痛みや痒み、正しい剃り方で剃れていないことが原因で起きているかもしれません!

そこで今回は世の男性へ向けて、色んなシェービング用品を試す前に、ぜひ一度あなたのヒゲの剃り方を見直していただきたく、T字カミソリでの髭剃りに伴う痛みや痒みの原因と、正しいシェービング方法をご紹介いたします。

髭剃りに伴う痛みや痒みの原因は肌へのダメージ

f:id:PapaKabigon:20190521002547j:image

肌の表面は角質層という組織で構成されていて、この角質層は肌の保湿や、外部からの雑菌の侵入を防ぐバリアの役割を担っています。

ヒゲを剃る際にはカミソリの刃を肌に這わせるようにして剃りますよね。その際に、角質層をカミソリの刃で傷つけてしまう事で痛みや痒みが起きてしまいます。

傷つけた箇所から細菌などが侵入すると、さらなる肌トラブルにつながってしまうので、いかに角質層を傷つけずにヒゲを剃るかが重要です!

 

ヒゲ剃りのタイミングは朝起きて10~20分後がベスト

毎朝の習慣として朝起きてすぐに洗顔と合わせてヒゲを剃る方は多いんではないでしょうか?

起床直後の肌は体内の水分が膨張している、いわゆる“むくんでいる”状態にあります。

この状態の肌は、普段より表面の起伏が激しい状態なので、ヒゲを剃るには適していません。

個人差はありますが、体を起こして10〜20分経過すると、体内の水分が重力によって分散していくので、起伏の少ない健康的な肌の状態になってから剃るようにしましょう!

 

正しい剃り方で肌へのダメージを軽減しよう

f:id:PapaKabigon:20190521002528j:image

それでは、正しいT字カミソリでのヒゲの剃り方をご説明していきます。

前項に書いてある通り、肌の角質層を傷つけないようにヒゲを剃ることがポイントです。

 

洗顔がてら髭を柔らかくしよう

f:id:PapaKabigon:20190521012834j:image

まずは皮脂や汚れを落として、肌の表面を清潔な状態にしましょう。

肌に皮脂や汚れが残っていると、カミソリの滑りが悪かったり、細かな傷から細菌が入って肌トラブルになるリスクが高まります。

また、ヒゲは乾燥した状態だと、銅線ほどの強度があると言われています。

そんなに硬かったらどんな鋭いカミソリでも引っ掛けてしまい、肌を傷つけてしまいますよね。

ヒゲは水分を含むと、乾燥した状態に比べ約40%も膨張し柔らかくなります。肌の表面も水分を含むと張りが増すので剃りやすくなります。

ヒゲが比較的硬めの方は蒸しタオルなども併用すると効果的です。

Kabigonの簡単蒸しタオルの作り方

1.フェイスタオルを水に浸し軽く絞ります。

2.くるくる巻いて電子レンジで30~60秒間チンします。

 やけどに注意してくださいね!

加熱時間は電子レンジのW数に応じて調節してください。

 

髭剃りの基本は順剃り

f:id:PapaKabigon:20190521012851j:image

剃り始める前に、まずはヒゲの生える向きを把握しましょう。

実際にヒゲを手で撫でてみると、抵抗がない向きがあります。そのヒゲの生える向きに沿って剃ることを順剃りといいます。

剃る際にはあまり力を加えないようにカミソリを当てて、ゆっくり動かしましょう。動かす際は細心の注意が必要です。必ず持ちて方向に真っ直ぐ引くように動かしましょう。

カミソリの刃はとても鋭利に作られています。間違って横や斜めに動かてしまうと切り傷を負ってまうこともあります。

なのでストロークは短めで、その都度ヒゲの向きや剃り残しを確認しながら剃りましょう。

少しずつヒゲを削ぎ落としていくイメージで剃っていくと肌への負担が最小限に抑えられます。

 

また、シェービング剤を併用すると肌の保湿具合やカミソリの滑りもよくなるので、より肌への負担を抑えられます。

ただ、中には肌に刺激の強いメントール成分などを含んだシェービング剤もあるので、使う際には低刺激な物や天然由来の物など、自身の肌にあったシェービング剤を選びましょう。

 

剃り残しが気になる所は逆剃り

f:id:PapaKabigon:20190521012859j:image

順剃りした後の剃り残しが気になる場合は、ヒゲの生える向きに逆らって剃る逆剃りをしましょう。

逆剃りはヒゲの根元にカミソリの刃が食い込んでしまうので、順剃りに比べて肌への負担が大きいです。

肌のことを考えると、剃る箇所は最小限に抑えるほうが無難ですね!

逆剃りをする際には、順剃りよりも慎重にストロークも短めで剃りましょう。もちろん、順剃りと同様に持ち手方向に真っ直ぐ引くように動かします。

また、貼り手をして皮膚を引き延ばすようにして剃ることで、肌への負担も軽減できます。特に皮膚の柔らかい箇所や深剃りしたい箇所にを剃る際は張り手は必須です。

 

髭剃り後は肌のケアも忘れずに

剃り終わった後は、もう一度洗顔を行い、清潔なタオルで拭きましょう。

カミソリで髭を剃った後の肌は、出血などがない場合でも目に見えない細かな傷がついて炎症が起きている状態です。洗顔やタオルで拭く際は、こすったりせず優しく行いましょう。

また、剃った肌が熱っぽいなと感じたら、洗顔を冷水で行うと効果的です。肌を冷やすことで炎症を和らげることができます。

カミソリ負けが心配な方は、乳液や化粧水など自分の肌に合ったものを選んで併用するとより安心ですね!

 

 正しいヒゲの剃り方を毎朝の日課にしよう!

f:id:PapaKabigon:20190521014320j:image

今回紹介した、T字カミソリでの髭剃りに伴う痛みや痒みの原因と、正しいシェービング方法いかがでしたでしょうか?

正しい剃り方って学校や会社で教わることではないので、筆者の周りではなんとなく剃ってる方や痛くなったり痒くなったりするのが当たり前という方が多くいました。

T字カミソリでのヒゲを剃った時の痛みや痒みにお悩みの方は、ぜひ毎朝の日課に正しいシェーピング方法を取り入れてみてください。

今お持ちのT字カミソリで正しく剃るだけで、ヒゲ剃り後の痛みや痒みなどの煩わしさを改善できるかもしれません。

色んなシェービング用品を試すのは、それからでOK!

毎日の身だしなみに手間をかけて、男をあげましょうっ!